ボートトレーラー 

マイボートを持ちたくても浮かべる場所がない・・・。

使える斜路はあるけど、一流メーカーのトレーラーは高価だな・・・・。

というお客様の声にお応えして私たちがこさえた自作トレーラーをご紹介しましょう。

IMGP5679IMGP5681IMGP5685

私たちヤマハ販売店が取り扱うボートトレーラーは主にショアランダーが多いですが、アメリカの一流メーカーですし、車検をとれるだけの構造ですので、とても高価なのです。

公道を牽引して移動したいユーザー様はやむを得ないとして、マリーナ内だけの利用や漁港の斜路の上げ下ろしだけ、というユーザー様には予備検査付の高級トレーラーまでは必要ないわけです。

そこで私たちが考案したのがこのトレーラーです。

一流メーカー品よりずっと安価で、しかもローラーやバンクよりもボートを楽に、安全に上げ下げできます。

ドブづけメッキで耐腐食性もグッドですよ。 icon_biggrin.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月15日(火)

自衛艦 壮観!

今日は天気がよかったですね。

昨日の雨とはうって変わってさわやかな青空。

マリーナに到着しましたら、プップーボッボーとタグボートが騒がしいと思ったら、かなり大型の自衛艦がドックから出てきましたよ。

DSCF2395

 

プレジャーボートがプラモデルのように見えますね。

写真では伝わらないかもしれませんがすごい迫力です。

DSCF2396こんな巨大な艦船がすぐ目の前をとおりすぎていくなんて、函館マリーナならではの風景ですね。

大型船はかんたんには身動きがとれませんので、みなさん付近を航行するときは安全によてけあげて下さいね。 icon_biggrin.gif

2013年10月10日(木)

函館海上保安部 海上訓練

9月29日日曜日の出来事。

この日は函館海上保安部と小型船舶安全協議会の皆様が合同訓練を実施しておりました。

私も巡視船に乗せてもらい訓練風景を見学させていただきました。

DSCF2242

 

訓練参加艇は函館港内の海上に集結し、巡視船からの号令に合わせて船団行動をとります。

この日の想定は、津波の発生にともない船舶を沖出し避難させるというもの、また落水者を救助し、巡視船まで送り届けるというもの。

DSCF2248DSCF2252

 

指揮船から落水者役の人がボチャッと海に飛び込んで、その他の参加艇が救助し、巡視船へ送り届けます。

落水者役はちゃんとドライスーツを着た海上保安官ですよ。

 

DSCF2263

訓練が終わったあとは巡視船おくしりの船内で講習会が行われました。

心肺蘇生法やAEDの使用方法などを実演講習していただきました。

その他、気象庁の方が講師として訪れ、地震・津波警報のあり方等について講義をされました。

DSCF2241

 

訓練指揮の巡視船には私を含めて数人の見学者が乗り込みました。 訓練参加艇に乗り切れなかった人はみんな乗せてもらったようです。

巡視船に乗せてもらうだけでもめずらしい体験で、楽しかったですよ。

icon_biggrin.gif

2013年10月09日(水)

ページの先頭へ
ページの先頭へ