カモメの巣

マリーナの桟橋を点検しながら歩いていると・・・・ウワー!!

下ばかり見ていたので超接近してしまいました。

カモメがギラリとわたしをにらみます。

あーおっかない。 さっさと引き返しました。

たまごを守っているカモメに不用意に近づくのはキケンです。

危害を加える者と見なせば命がけで攻撃してきますからね。

DSCF1050

 

ここはボートは係留できないA桟橋中間部。

一番沖側の消波桟橋です。

人気が無いから巣作りされちゃいました。

そういえば昔、あるボートの屋根の上に巣をつくられオーナーさんが困ってたことがありましたね。

皆さんマイボートはちゃんとかわいがってくださいね。

放置しているといつの間にかカモメの巣が乗っかってるかもしれませんよ。

2013年07月10日(水)

マリーナに映る夕日

このときだいたい午後6時半くらいでしょうか?

現場仕事を終えてそろそろ会社へ戻ろうかという時刻。

この日は朝から結構な風が吹いており、オーナーの皆様もほぼ沖休み。

でも不思議と夕凪ってやつがあるんですよね。

最近あまり夕まづめをねらう人が少なくなったようです。

真っ暗闇の航行はキケンなのでおすすめしませんが、夕暮れどきにちょっとだけ沖に出るものいかがでしょうか。

沖に出なくてもいいし。

仕事帰りにちらっと寄っただけ、というのも良いんでないでしょうか。

しかし、この時間はまだバリバリ仕事中の方がほとんどですよね。

お疲れ様です。

戦う仕事人の皆さんがホッと一息つける場所でありたいですね。 マリーナは。

DSCF1033

2013年07月08日(月)

水揚げ風景 カモメ乱舞

この日、早朝から上磯漁港で仕事をしておりましたら、ものすごいカモメの大群が頭の上を飛びまわっておりました。

何事かと驚いて見ると、ちょうどイワシ漁から帰ってきた船が水揚げの真っ最中だったんですね。

SN3O0016

 

漁師さんたちの仕事が一段落すると、カモメたちもひとまず待機です。

岸壁にづらりと並んで、皆じーっと次の水揚げを待っています。

SN3O0012

さあさあ来るか来るか・・・・

どれどれ獲物は逃さないぞ・・・・・

まっすぐに船を見つめて・・・・キター!!

 

SN3O0017

 

ブワーっと一気に急降下。あたり一面がカモメだらけ。近づくと突っ突き倒されるかと思う迫力です。

でも漁師さんは気にした風もなくもくもくと仕事をします。

活気のある港はいいもんですね。

 

2013年07月05日(金)

ページの先頭へ
ページの先頭へ